2005年12月17日

「愛の渇き」 三島由紀夫

医院のこととて二階には病室が三つ並んでいるだけだ。廊下のつきあたりが窓になっている。この殺風景な窓から殺風景な街の風景が見渡される。あの廊下のクレゾールの匂い。悦子はあの匂いが好きだ。良人が短いまどろみに落ちるたび、彼女は思い切りあの匂いを吸い込みながら廊下を往復した。窓の外の外気よりもこの消毒液の匂いのほうが彼女の好みに合った。病気と死を浄化するこの薬品の作用は死の作用ではなくて生の作用かもしれない。この匂いは生の匂いかもしれない。朝風のように鼻腔に快い刺戟を与える、この苛烈な残酷な薬品の体臭は。
posted by ヒメスケ at 23:07| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「愛の渇き」 三島由紀夫

 『こうして私は良人がとうとう私のところへ、私の目の前へ還って来るのを見た。膝の前へ流れ寄って来た漂流物を見るようにして、私はかがみこんで、仔細に、水のおもてのこの奇異な苦しんでいる肉体を点検した。猟師の妻のように、私は毎日海辺へ出て、たった一人で待ち暮したのだ。そしてとうとう、入江の岩のあいだの澱んだ水のなかに漂着した屍体を見出した。それはまだ息のある肉体だった。わたしはすぐそれを水から引きあげたろうか?いいえ、引き揚げはしなかった。私は熱心に、それこそ不眠不休の努力と情熱とで、じっと水の上へかがみ込んでいただけだった。そしてまだ息のある体が、すっかり水に覆われ、二度と呻きを、叫びを、熱い呼気をあげなくなるまで見戍った。……私にはわかっていた。もしよみがえらせれば漂流物は忽ち私を捨てて、また海の潮流に運ばれて無限のかなたへ逃げ去ってゆくに相違ないことを。今度こそは二度と私の前に還って来ることはないかもしれないことを。
 私の看護には、目的のない情熱があったが、誰がそれを知ろう。良人の臨終に流した私の涙が、私自身の日々を灼きつくしたこの情熱との離別の涙だったと誰が知ろう。……』
posted by ヒメスケ at 22:59| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「愛の渇き」 三島由紀夫

 良輔は頭を振ってちらと妻を見上げた。良輔自身は気づいていない。そのとき妻を見上げた彼の目には、いつも彼が嫌悪を以てしか見ることの出来ない妻のあの犬のような眼差しが感染っていたのである。澱んだ熱っぽい切望するこの眼差、家畜が自分の体内に起った病気にわけがわからずに戸惑いしながら、じっと訴えるように飼主を見上げるこの眼差し、良輔はおそらく、自分の内部にはじめて了解しがたいものが生まれてくる不安を感じていた。それは病気だったが、病気とはそれだけのものではない。
posted by ヒメスケ at 22:41| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

「仮面の告白」 三島由紀夫

好奇心には道徳がないのである。もしかするとそれは人間のもちうるもっとも不徳な欲望かもしれない。
posted by ヒメスケ at 14:07| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「仮面の告白」 三島由紀夫

昭和二十年の冬はしつこかった。春がもう豹のような忍び足で訪れていはしたものの、冬はまだ檻のように、仄暗く頑なに、その前面に立ちふさがっていた。星明りにはまだ氷の輝きがあった
posted by ヒメスケ at 13:31| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「仮面の告白」 三島由紀夫

恋人を救おうとして死んだ男は、火に殺されたのではなく、恋人に殺されたのであり、子供を救おうとして死んだ母親は、他ならぬ子供に殺されたのである。
posted by ヒメスケ at 13:27| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「仮面の告白」 三島由紀夫

私が求めていたのは何か天然自然の自殺であった。まだ狡知長けやらぬ狐のように、山ぞいをのほほんと歩いていて、自分の無知ゆえに猟師に射たれるような死に方を、と私はねがった。
posted by ヒメスケ at 13:24| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「仮面の告白」 三島由紀夫

空襲を人一倍おそれているくせに、同時に私は何か甘い期待で死を待ちかねてもいた。たびたび言うように、私には未来が重荷なのであった。人生ははじめから義務観念で私をしめつけた。義務の遂行が私にとって不可能であることがわかっていながら、人生は私を、義務不履行の故をもって責めさいなむのであった。こんな人生に死で肩すかしを喰わせてやったら、さぞやせいせいすることだろうと私には思われた。
posted by ヒメスケ at 13:20| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「仮面の告白」 三島由紀夫

生命力、ただ生命力の無益な夥しさが少年たちを圧服したのだった。生命のなかにある過度な感じ、暴力的な、全く生命それ自身のためとしか説明のつかない無目的な感じ、この一種不快なよそよそしい充溢が彼らを圧倒した。一つの生命が、彼自身のしらぬ間に近江の肉体へしのび入り、彼を占領し、彼を突き破り、彼から溢れ出で、間がな隙がな彼を凌駕しようとたくらんでいた。生命というものはこの点で病気に似ていた。荒々しい生命に蝕まれた彼の肉体は伝染をおそれぬ狂おしい献身のためにだけ、この世に置かれてあるものだった。伝染をおそれる人々の目には、その肉体は一つの非難として映る筈だった。
posted by ヒメスケ at 13:13| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「仮面の告白」 三島由紀夫

初夏の一日、それは夏の仕立見本のような一日であり、いわばまた、夏の舞台稽古のような一日だった。本当の夏が来るときに万遺漏ないように、夏の先駆が一日だけ、人々の衣装箪笥をしらべに来るのだった。この検査がとおったしるしに、人々はその日だけ夏のシャツを着て出るのである。
posted by ヒメスケ at 13:05| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。