2005年12月18日

「愛の渇き」 三島由紀夫

 それからの二時間ちかくを、悦子は闇のなかで、恐ろしい待ち遠しさですごした。この焦燥と徒らな熱い夢想とは、三郎とのあいびきを無限に喜ばしいものに思いえがかせた。彼女は三郎に憎まれたいための告白のおつとめを、恋心に浮かされて祈祷を忘れる尼僧のように忘れるのであった。
posted by ヒメスケ at 00:40| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「愛の渇き」 三島由紀夫

『電話。あんなものを見るのもずいぶん久しぶりのような心地がする。人間の感情がたえずその中を交錯するのに、それ自身はただ単調なベルの音を立てることしか出来ない奇妙な機械。あれは自分の内部を、あれほどさまざまな憎悪や愛や欲望がとおりすぎることで、すこしも痛みを感じることがないのかしら。それともあのベルの音は、あれがひっきりなしに挙げている、痙攣的な、耐えがたい苦痛の叫びでもあるのかしら』
posted by ヒメスケ at 00:36| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「愛の渇き」 三島由紀夫

これ以上のどんな事態が、どんな悪い事態が存在しうると言うのか?そういう質問は、嫉妬の何たるかを知らぬ人の質問で、嫉妬の情熱は事実上の証拠で動かされぬ点においては、むしろ理想主義者の情熱に近づくのである。
posted by ヒメスケ at 00:26| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「愛の渇き」 三島由紀夫

 ここに至って悦子の本能は、狩人の本能に似通った。たまたま遠方の小藪のかげに野兎の白い尾がうごくのを見ると、彼女の狡智は研ぎすまされ、その全身の血はあやしく波立ち、筋肉は躍動し、神経組織は飛んでゆく一本の矢のように束ねられて緊張した。こうした生甲斐を持たぬ閑日月には、一件別人のようになった狩人は、炉辺のうたた寝のほかの何ものをも希わない怠惰な明暮を送るのであった。
posted by ヒメスケ at 00:21| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「愛の渇き」 三島由紀夫

彼女は可笑しかった。三郎にたった二足の靴下をやることの困難さと、物ねだりする配達夫にボール・ぺンを遣ることのこの容易さと。『……その筈だわ。愛しさえしていなければ、人と人とがつながり合うことなんか楽に出来る。愛しさえしなければ……』
posted by ヒメスケ at 00:12| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「愛の渇き」 三島由紀夫

私の行為の困難はどこから来るのだろう。私は何も希わない。私は目をつぶっているうちに、或る朝、世界が変わっていることを是認する。そんな朝が、そんな純潔な朝が、もうそろそろめぐってきてもいい筈だ。誰のものでもなく、誰にも希われずに到来する朝が。……私は希わずにいて、しかも私の行為が、そういう何も希わない私を根こそぎ裏切ってしまう瞬間を夢見ている。ほんの些細な、ほんの目立たない私の行為が。……
posted by ヒメスケ at 00:08| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「愛の渇き」 三島由紀夫

 城はここから見ると確乎とした土の上に建てられたものとは見えない。それはむしろ、泛んでいる。浮遊している。空気が澄んで来ると、城の実体から城の精神のようなものが抜け出して、背のびをして、その高みから四方を見まわしている姿が、遠くからも見えるのではないかと思われる。大阪城の天守閣は、悦子の目に、漂流者が幾たびとなくその目をあざむかれる幻の島影のように見える。
posted by ヒメスケ at 00:01| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

「愛の渇き」 三島由紀夫

……多分、悦子は、溺れる人が心ならずも飲む海水のように、自然の法則にしたがってそれを飲んだにすぎぬのであろう。何も望まないということは、取捨選択の権限を失うことだ。そういった手前、飲み干さねばならぬ。海水であろうと……。
……ところがその後の悦子にも、溺死する女の苦渋の表情は見られなかった。死の瞬間まで、彼女の溺死は人に気附かれずにすぎるのかもしれなかった。彼女は叫ばない。われとわが手で猿轡をはめたこの女は。
posted by ヒメスケ at 23:52| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「愛の渇き」 三島由紀夫

みんなが寝静まったなかに孤独な動物のように息をひそめて眠らないでいたその耳の存在が、悦子にはふと親しいものに感じられた。老人の耳と言うものは清浄で叡智にみちた洗われつくした貝殻のようではないか?人間の頭部でいちばん動物的な格好をした耳が、老人にあっては智恵の化身のように思われる。悦子が弥吉のこの心遣りに必ずしも醜さばかりを感じなかったのはこのためなのか?彼女は慧智によって見戍られ愛されているように感じたのか?……
posted by ヒメスケ at 23:38| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「愛の渇き」 三島由紀夫

……伝染病という明確な存在型式を負わされ統一されたこれらの運動体の群集、……ここでは人間と病菌の生の価値がしばしば等価値にまで近づき、患者と看護人は病菌に化身してしまう。……あの無目的な生命に化身してしまう。……ここでは、生命は是認されるためだけ辛うじて存在しているので、もう小うるさい欲望は存在しない。ここでは幸福が支配している。つまり、幸福という腐敗のもっとも早い食物が、完全に喰べられない腐敗の状態で。……
posted by ヒメスケ at 23:15| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「愛の渇き」 三島由紀夫

医院のこととて二階には病室が三つ並んでいるだけだ。廊下のつきあたりが窓になっている。この殺風景な窓から殺風景な街の風景が見渡される。あの廊下のクレゾールの匂い。悦子はあの匂いが好きだ。良人が短いまどろみに落ちるたび、彼女は思い切りあの匂いを吸い込みながら廊下を往復した。窓の外の外気よりもこの消毒液の匂いのほうが彼女の好みに合った。病気と死を浄化するこの薬品の作用は死の作用ではなくて生の作用かもしれない。この匂いは生の匂いかもしれない。朝風のように鼻腔に快い刺戟を与える、この苛烈な残酷な薬品の体臭は。
posted by ヒメスケ at 23:07| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「愛の渇き」 三島由紀夫

 『こうして私は良人がとうとう私のところへ、私の目の前へ還って来るのを見た。膝の前へ流れ寄って来た漂流物を見るようにして、私はかがみこんで、仔細に、水のおもてのこの奇異な苦しんでいる肉体を点検した。猟師の妻のように、私は毎日海辺へ出て、たった一人で待ち暮したのだ。そしてとうとう、入江の岩のあいだの澱んだ水のなかに漂着した屍体を見出した。それはまだ息のある肉体だった。わたしはすぐそれを水から引きあげたろうか?いいえ、引き揚げはしなかった。私は熱心に、それこそ不眠不休の努力と情熱とで、じっと水の上へかがみ込んでいただけだった。そしてまだ息のある体が、すっかり水に覆われ、二度と呻きを、叫びを、熱い呼気をあげなくなるまで見戍った。……私にはわかっていた。もしよみがえらせれば漂流物は忽ち私を捨てて、また海の潮流に運ばれて無限のかなたへ逃げ去ってゆくに相違ないことを。今度こそは二度と私の前に還って来ることはないかもしれないことを。
 私の看護には、目的のない情熱があったが、誰がそれを知ろう。良人の臨終に流した私の涙が、私自身の日々を灼きつくしたこの情熱との離別の涙だったと誰が知ろう。……』
posted by ヒメスケ at 22:59| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「愛の渇き」 三島由紀夫

 良輔は頭を振ってちらと妻を見上げた。良輔自身は気づいていない。そのとき妻を見上げた彼の目には、いつも彼が嫌悪を以てしか見ることの出来ない妻のあの犬のような眼差しが感染っていたのである。澱んだ熱っぽい切望するこの眼差、家畜が自分の体内に起った病気にわけがわからずに戸惑いしながら、じっと訴えるように飼主を見上げるこの眼差し、良輔はおそらく、自分の内部にはじめて了解しがたいものが生まれてくる不安を感じていた。それは病気だったが、病気とはそれだけのものではない。
posted by ヒメスケ at 22:41| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

「仮面の告白」 三島由紀夫

好奇心には道徳がないのである。もしかするとそれは人間のもちうるもっとも不徳な欲望かもしれない。
posted by ヒメスケ at 14:07| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「仮面の告白」 三島由紀夫

昭和二十年の冬はしつこかった。春がもう豹のような忍び足で訪れていはしたものの、冬はまだ檻のように、仄暗く頑なに、その前面に立ちふさがっていた。星明りにはまだ氷の輝きがあった
posted by ヒメスケ at 13:31| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「仮面の告白」 三島由紀夫

恋人を救おうとして死んだ男は、火に殺されたのではなく、恋人に殺されたのであり、子供を救おうとして死んだ母親は、他ならぬ子供に殺されたのである。
posted by ヒメスケ at 13:27| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「仮面の告白」 三島由紀夫

私が求めていたのは何か天然自然の自殺であった。まだ狡知長けやらぬ狐のように、山ぞいをのほほんと歩いていて、自分の無知ゆえに猟師に射たれるような死に方を、と私はねがった。
posted by ヒメスケ at 13:24| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「仮面の告白」 三島由紀夫

空襲を人一倍おそれているくせに、同時に私は何か甘い期待で死を待ちかねてもいた。たびたび言うように、私には未来が重荷なのであった。人生ははじめから義務観念で私をしめつけた。義務の遂行が私にとって不可能であることがわかっていながら、人生は私を、義務不履行の故をもって責めさいなむのであった。こんな人生に死で肩すかしを喰わせてやったら、さぞやせいせいすることだろうと私には思われた。
posted by ヒメスケ at 13:20| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「仮面の告白」 三島由紀夫

生命力、ただ生命力の無益な夥しさが少年たちを圧服したのだった。生命のなかにある過度な感じ、暴力的な、全く生命それ自身のためとしか説明のつかない無目的な感じ、この一種不快なよそよそしい充溢が彼らを圧倒した。一つの生命が、彼自身のしらぬ間に近江の肉体へしのび入り、彼を占領し、彼を突き破り、彼から溢れ出で、間がな隙がな彼を凌駕しようとたくらんでいた。生命というものはこの点で病気に似ていた。荒々しい生命に蝕まれた彼の肉体は伝染をおそれぬ狂おしい献身のためにだけ、この世に置かれてあるものだった。伝染をおそれる人々の目には、その肉体は一つの非難として映る筈だった。
posted by ヒメスケ at 13:13| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「仮面の告白」 三島由紀夫

初夏の一日、それは夏の仕立見本のような一日であり、いわばまた、夏の舞台稽古のような一日だった。本当の夏が来るときに万遺漏ないように、夏の先駆が一日だけ、人々の衣装箪笥をしらべに来るのだった。この検査がとおったしるしに、人々はその日だけ夏のシャツを着て出るのである。
posted by ヒメスケ at 13:05| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。