2006年01月24日

「ツァラトゥストラはこう言った」 ニーチェ

あまりにも長いこと、女性の内部には奴隷と専制君主が隠れていた。そのため、女性はいまだに友情を結ぶ能力がない。女性が知っているのは、愛情だけである。
 女性の愛情のなかには、彼女が愛していないいっさいのものに対しての、不正と盲目がある。そして、知的にめざめた女性の愛情のなかにさえ、光があるとともに、不意討ちがあり、稲妻と夜が、依然としてある。
posted by ヒメスケ at 02:25| ニーチェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。