2006年01月24日

「ツァラトゥストラはこう言った」 ニーチェ

人生の重荷は耐えがたい、とはいえ、そんなにめそめそした様子は見せないでくれ。私たちはことごとく重荷を担う力のある、けなげな、牡あるいは牝の驢馬なのだ。
posted by ヒメスケ at 02:20| ニーチェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。