2005年12月18日

「愛の渇き」 三島由紀夫

これ以上のどんな事態が、どんな悪い事態が存在しうると言うのか?そういう質問は、嫉妬の何たるかを知らぬ人の質問で、嫉妬の情熱は事実上の証拠で動かされぬ点においては、むしろ理想主義者の情熱に近づくのである。
posted by ヒメスケ at 00:26| 三島由紀夫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。